キャッシングで教育費を借りる人がいますが、金利がとても高くなるということを理解しておきましょう。教育に関係する費用なら、銀行の教育ローンが利用できます。銀行の教育ローンの金利は、5.0%程度になっていることが多く、キャッシングで借りるよりもはるかに低金利です。また、奨学金という制度なら、さらに低金利で借りることができます。

教育費を借りる時、必ず教育ローンや奨学金を利用しなければならないというわけでもありません。手軽に10万円だけを借りたいという場合なら、キャッシングで借りてもそれほどリスクはないでしょう。50万円程度を借りる場合なら、金利が18%になるか、金利が5.0%になるかで大きな差が出てくることがあるので、なるべく教育ローンを利用するべきでしょう。100万円を借りて、5年の分割払いで返済をしたケースなら、金利が10%違うだけでもおよそ27万円の利息の差が出てきます。しっかりとシミュレーションをしてから借りましょう。