急病、急な出張、さらには生活費や子供の学費が足りなくなったときなどお金が必要になるときがあります。キャッシュカードを利用して、 提携先のATMや キャッシュディスペンサーなどからお金を借りる事ができるサービスのことをキャッシングといいます。通常はキャッシングやカードローンを申し込むときには必要な書類があります。まず本人確認および収入証明 書類があります。 特に本人確認をするための証明書、つまり身分証明書は必ず必要となるものです。本人確認ができるものとして、運転免許証や健康保険証、パスポートや住民基本台帳カードなどがあり、 郵送で申し込む際には、コピーをして送ることとなります。運転免許証の場合は、裏面に現住所などが記載されている場合には裏面のコピーも必要になるので、表と裏を両方コピーすることが必要です。借入金額や銀行、消費者 金融などによって提出する書類が違うのでかならずキャッシングするときは、しっかり何が必要か調べたうえでキャッシングをすると申し込みから手続きまでスムーズにすみます。