クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」がついています。

ショッピング枠は、クレジットカードに備わる本来の機能です。店舗やネット通販などで商品やサービスの代金を支払う際にカード払いを選択することで、現金をカード会社に立て替えて支払ってもらうことができます。
つまり、その場で現金を持ち合わせていなくても支払いができてしまう機能です。
キャッシング枠は、クレジットカードに付帯させるオプション機能です。現金が必要という時に、ATMや銀行振り込みでお金を借りることができます。
借りたお金の使途限定はないため、どんな用途に使うことも可能です。

ならば、商品を購入したい時にショッピング枠ではなくキャッシング枠でお金を借りて支払えばいいのでは、と考える方もいますが、借入れには利息がつきます。それを踏まえると、代金の支払いに借り入れをするのは損をしてしまうことになるので、用途を考えてうまく使い分けていくことが大切です。